ホーム > 高齢者に関すること > まごころヘルプ

まごころヘルプ

 「介護しつつ自分の人生を大切にしたい 介護される側の人生も大切にしたい そんなシステムをつくりたい」という市民の願いから始まった活動です。手助けが必要になっても住み慣れた地域で誰もが安心して暮らし続けることを目的に、市民相互の助け合い活動として、住民参加型在宅福祉サービス活動を実施しています。

まごころヘルプ

事業内容

子育て世帯や高齢者、障がいのある方など、日常生活で手助けが必要な人(利用会員)に、手助けができる人(提供会員)が生活支援を行っています。

サービス内容

  • 家事援助 - 掃除、洗濯、買い物、食事づくり
  • 子育て支援 - 産前産後の手伝い、園への送迎・預かり
  • 在宅での手助け - 見守り、話相手
  • 外出・通院のつきそい
  • 日常でのちょっとしたこと - ゴミ出し、薬取り、季節品の入れ替えなど

利用料・活動謝礼

 利用料

 1時間880円(活動事務費80円含む) ※1時間を超えた場合30分毎に300円加算
 交通費実費(利用会員負担)
 (内容により30分440円(活動事務費40円含む)から利用できます。)

 活動謝礼

 1時間800円 ※1時間を超えた場合30分毎に300円加算

入会金・年会費について

 会費は年会費制度になっていて、毎年4月から翌年3月までとなっています。会費が納入されるとその年度の会員になります。

会費

区 分 会 費
利用・提供会員 1,500円
賛助会員(個人) (一口)2,000円
賛助会員(団体) (一口)10,000円

※賛助会員とは
今はまだ手助けが必要ではない、今は忙しくて手助けができないけれど、助け合いの活動を支援したいと考えている個人・団体等の方々が賛助会員として登録くださっています。

入会方法

  • 利用を希望される方には、ご自宅まで伺い入会手続きをさせていただきます。
  • 提供を希望される方は、随時各区まごころヘルプ事務所で受け付けております。
  • 賛助会員を希望される方は、各区まごころヘルプ事務所で随時受け付けております。

平成29年度 ガイドブック研修日程 (提供会員基本研修 要申込)

 まごころヘルプの提供活動をはじめる前に必ず受講していただく研修です。
 参加費不要 筆記用具をお持ちください。

会場 東区まごころヘルプ 中央区まごころヘルプ 西区まごころヘルプ
時間 10時~12時 10時~12時 10時~12時
申込問合せ TEL025-272-7741 TEL025-210-8736 TEL025-378-2428
2017年4月 4月18日(火) 4月13日(木) 4月5日(水)
5月 5月16日(火) 5月11日(木) 5月10日(水)
6月 6月13日(火) 6月 8日(木) 6月 7日(水)
7月 7月18日(火) 7月13日(木) 7月 5日(水)
8月 8月22日(火) 8月10日(木) 8月 2日(水)
9月 9月19日(火) 9月14日(木) 9月6日(水)
10月 10月17日(火) 10月12日(木) 10月4日(水)
11月 11月21日(火) 11月 9日(木) 11月1日(水)
12月 12月19日(火) 12月14日(木) 12月6日(水)
2018年1月 1月16日(火) 1月11日(木) 1月 10日(水)
2月 2月20日(火) 2月8日(木) 2月7日(水)
3月 3月20日(火) 3月8日(木) 3月7日(水)

 

お申し込みから活動まで

まごごろヘルプ申込から活動まで

まごころヘルプQ&A

Q. まごころヘルプはどんな人が利用できるのですか?
A. 子育て中の方や身体的・精神的な疾患等で、日常の暮らしの中でお困りのごとを抱えている方、介護保険をご利用できない方等の在宅での支援をしております。

 

Q. どんなことをしてもらえるのですか?
A. 日常の家事の手助け。見守りや話相手、産前産後の手助けや子どもの見守りなどの子育て支援などお困りのことご相談ください。

 

Q. まごころヘルプはなぜ会員制なのですか?
A. まごころヘルプは家事、介護の手助けを有償で行っていますが、それを職業としているのではなく、また人材派遣をしているわけでもありません。今手助けが必 要な人と、手助けができる人が会員となって、助け合おうというものです。有償の意味は、利用する側がいつも気兼ねなく(度重なるとただでは心苦しいと感じ る)頼みやすくするために、またお茶菓子の接待やお茶の心配なく利用できるようにしています。

 

Q. “会員相互の助け合い”と聞きましたが、私は誰の手助けもできないので、利用できませんか?
A. 大丈夫です。相互の助け合いの意味合いは、こちらが手助けに伺う中で多くのことを学ばせて頂いたり、自分を頼りにしている人がいることでの喜びなど逆にいただくものが、一方通行の手助けではなくお互い様ですよということです。

 

Q. 高齢ですが今は元気で介護保険も利用していません。将来具合が悪くなったりした時には、すぐに利用できるのですか?
A. 大丈夫です。まごころヘルプは介護保険の認定に関係なく利用できます。お電話をいただければ担当区のコーディネーターが訪問し、必要であればすぐにご利用いただけます。

 

広報紙

まごころヘルプ活動だより「まごころ」

まごころヘルプの活動のようすやガイドブック研修、会員研修の日程を掲載しています。4月、10月に発行しています。

 バックナンバーはこちらからご覧ください。

まごころヘルプコーディネーター通信「あ・り・が・と・う」

ヘルプ活動についてのQ&Aなど、実際にヘルプ活動をしている提供会員の皆さんにお届けしています。

 バックナンバーはこちらからご覧ください。

各区まごころヘルプ

まごころヘルプ名 所在地・連絡先 開設時間
東区まごころヘルプ

新潟市東区下木戸1-4-1 東区役所内 
東区社会福祉協議会
TEL.025-272-7741  FAX.025-272-1756

平日
8:30

17:15  
中央区まごころヘルプ

新潟市中央区西堀前通六番町909番地 Co-C.G(コシジ)3階 
中央区社会福祉協議会
TEL.025-210-8736  FAX.025-210-8722

西区まごころヘルプ

新潟市西区小針5丁目7-5
TEL.025-378-2428  FAX.025-378-4300

 

リーフレット

まごころヘルプリーフレットはこちらへ(pdf)