ホーム > お知らせ一覧 > 助成金 > 平成29年度 大同生命厚生事業団 各種助成のお知らせ

平成29年度 大同生命厚生事業団 各種助成のお知らせ

地域保健福祉研究助成

助成趣旨

地域で保健・医療および福祉の活動に従事されている方々の研究を支援することにより、わが国の保健・医療および福祉の向上に寄与することを目的とする。

応募資格

  • 保健所、衛生研究所等衛生関係機関に所属する職員
  • 都道府県市町村の衛生および福祉関係職員
  • 保健・医療・福祉の実務従事者

上記応募資格者による共同研究も可。大学病院の職員等は応募対象者に含む。
ただし、大学の教職員、大学院生の単独研究または主研究者となる研究は不可。
また、前年度に当財団の助成を受けた人(共同研究者は除く)は除く。

研究テーマ

  1. 地域保健および地域福祉に関する研究
  2. 在宅・施設の医療、福祉および介護に関する研究
  3. その他住民の健康増進に役立つ研究
    営利を目的とする研究は対象外です。

助成金

総額 1,200万円以内
1件 原則30万円。特に優秀な研究については50万円限度で助成。
直接研究に要する費用とし、パソコンの購入費用、学会参加費用などは助成の対象としない。

研究対象

特定地域を対象とした研究とする(ただし、臨床的研究は除く)。

シニアボランティア活動助成

助成趣旨

シニア(年齢満60歳以上)のボランティア活動を支援することにより、シニアのボランティア活動の振興と社会福祉の向上に寄与することを目的とする。

応募資格

社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするシニア(年齢 満60歳以上)が80%以上のグループ(NPO法人を含む)。
ただし、過去5年以内(平成24年~平成28年)に当財団の助成を受けたグループは除く。

活動テーマ

  1. 高齢者福祉に関するボランティア活動
  2. 障がい者福祉に関するボランティア活動
  3. こども(高校生まで)の健全な心を育てる交流ボランティア活動で、内容が先駆性、継続性、発展性があり、効果が予測できるもの。
    ただし、少年野球・サッカー等のスポーツ活動や通常のこども会活動は除く。
    いずれも目的、計画等が明確な日本国内での無償の活動とする。

助成金

総額 ビジネスパーソンボランティア活動助成と合わせて原則800万円以内
1件 原則10万円。特に内容が優れている場合は20万円限度で助成。
直接ボランティア活動に要する費用とし、シンポジウムや講演会開催、グループの事務所家賃、パソコンの購入費用、ボランティアグループのためのセミナー・講習会の開催等の費用は助成の対象としない。

ビジネスパーソンボランティア活動助成

助成趣旨

ビジネスパーソンのボランティア活動を支援することにより、ビジネスパーソンのボランティア活動の振興と社会福祉の向上に寄与することを目的とする。

応募資格

社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするビジネスパーソン(会社員、団体職員、公務員、経営者・個人事業主)が80%以上のグループ(NPO法人を含む)。ただし、過去5年以内に当財団の助成を受けたグループは除く。

活動テーマ

  1. 高齢者福祉に関するボランティア活動
  2. 障がい者福祉に関するボランティア活動
  3. こども(高校生まで)の健全な心を育てる交流ボランティア活動で、内容が先駆性、継続性、発展性があり、効果が予測できるもの。
    ただし、少年野球・サッカー等のスポーツ活動や通常のこども会活動は除く。
    いずれも目的、計画等が明確な日本国内での無償の活動とする。

助成金

総額 シニアボランティア活動助成と合わせて原則800万円以内
1件 原則10万円。 特に内容が優れている場合は20万円限度で助成。
直接ボランティア活動に要する費用とし、シンポジウムや講演会開催、グループの事務所家賃、パソコンの購入費用、ボランティアグループのためのセミナー・講習会の開催等の費用は助成の対象としない。

募集期間

平成29年4月1日(土)~平成29年5月25日(木)(当日消印有効)

詳細

応募方法など詳しくは以下をご覧ください。

http://www.daido-life-welfare.or.jp/index.htm

問い合わせ

公益財団法人 大同生命厚生事業団 事務局
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1丁目2番1号 大同生命大阪本社ビル内
TEL.06-6447-7101 FAX.06-6447-7102

助成金一覧へ