ホーム > お知らせ一覧 > 助成金 > 三菱財団 第50回(2019年度)社会福祉事業並びに研究助成金公募のお知らせ

三菱財団 第50回(2019年度)社会福祉事業並びに研究助成金公募のお知らせ

1. 助成の対象

① 事業・研究の内容

  • 現行制度上、公の援助を受け難い、開拓的ないし実験的な社会福祉を目的とする民間の事業(原則として法人に限る)。
  • 開拓的ないし実験的な社会福祉に関する科学的調査研究(個人・法人いずれも可)。
    <連携・協働型について>
     なお、上記「事業」「調査研究」の中でも、研究者と社会福祉事業者/活動者等、または異なる専門領域の複数のメンバーの方がチームを形成し、同一の社会課題に対し、より多角的に、ダイナミックに挑戦する提案型の応募も期待。「連携・協働型」の応募については、助成金額、期間等について、より柔軟に対応。

② 申込書の資格一般

  • 日本国内において事業ないし研究の継続的拠点を有するもの(国籍等は不問)。
  • 営利目的の企業等並びにその関係者は対象外。
  • 代表研究者及び協同研究者は、実施担当者・関係スタッフは、本財団の同一年度の助成に複数応募することは出来ません。従って、代表研究者が(他分野も含め)他の応募案件の協同研究者を兼務したり、協同研究者、実施担当者・関係スタッフが他の応募案件の協同研究者、実施担当者・関係スタッフを兼務することも出来ません。なお、複数応募が判明した場合は、応募を取り下げていただくことがございます。

2. 助成の概要

① 助成金額

総額約1億円を予定。1件宛の金額は特に定めない。

② 助成金使途

  • 調査研究費
  • 施設費(建設、設備)
  • 施設以外の経費(職員研修費等を含む)

(注)

  1. 単なる施設建設、設備・機器購入等のみを目的とした申込みは対象外
  2. 事業のスタートアップ資金の場合、助成期間終了後の事業継続可能性が明示されることを条件に、一部経常的資金への支援を認めることがあります。
  3. 実施担当者・関係スタッフ・協同研究者については代表研究者・代表者と同様、謝金の支払いは認められませんが、旅費等の支払いは可能となります。(事業への協力者、研究補助者等への謝金は認められますが、旅費等の支払いは認められません)
  4. 代表研究者・代表者に、助成金使用に係わるすべての管理責任を持って頂きます。
  5. また、研究の実施者が所属する組織の間接経費・一般管理費等も助成の対象外となりますのでご留意下さい。

③ 助成期間

助成決定から1年を原則としますが、事情により2年間にわたる使用も認められます。
(2ヵ年度分の助成申込を一括査定し、助成金は2ヵ年で使用されることとなります。)

応募期間

2018年12月27日(木)~2019年1月24日(木)午後5時

※期間内に必着のこと
※応募書類を三菱財団事務局へ直接お持込みになることはご遠慮下さい。

その他詳細

申込み方法等詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.mitsubishi-zaidan.jp/

問い合わせ

公益財団法人 三菱財団 事務局
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目3番1号(三菱商事ビル21階)
TEL. 03-3214-5754 FAX. 03-3215-7168
E-mail. info@mitsubishi-zaidan.jp

助成金一覧へ